25日
4月
2019年

職場も国際的な視野で選ぶ時代!外資系企業で働くための条件を学ぼう!

外資系企業のメリットと注意点

外資系企業は外国の法人や個人が一定以上の出資を行っている日本の企業を意味します。外国の会社が日本に支店を出すのとは異なり、企業の運営そのものは日本に帰属するのが外資系企業の特徴です。しかし、日本に帰属する企業であっても社風や営業の目標などは出資を行う外国の通例に準ずるのが普通です。外資系企業の多くは成果主義である一方で仕事のオンオフを明確に分ける傾向があります。長時間の残業や直接的な利益をもたらさない接待を忌避する他、有給休暇の取得が容易など被雇用者側のメリットが目立つ特徴があります。その一方で経緯よりも結果を重視する傾向の強さから、社員の左遷や解雇の基準が日本の企業よりも緩いのが注意点です。また、残業を行わない反面、通常業務における効率性の向上を常に求められる問題もあります。

外資系企業が求める人材について

外資系企業は多くの場合、複数の国や地域と取引を行います。特に出資している法人や個人が帰属する国との取引が中心になるケースが多いため、英語及び出資者の母国語に精通している人材が重宝される傾向があります。また、日本では常識とされる価値観や慣習は外国では通用しないこともあるので、多角的な視野と柔軟な思考を持っていることも外資系企業で働く条件の一つです。特に民族や宗教に関係する価値観や慣習はデリケートな問題なので、ビジネスの現場で話題にするのは相応しくないとされています。国際的な常識を持ち、状況ごとに最適な判断が出来る機転の良さがあるのも外資系企業が求める能力です。

日本国内企業に対して、外資 IT企業の方が給与が高い傾向にあると言われます。実際の採用情報によると、技術力や語学力など、要求されるスキルのレベルにもよります。

You may also like...