26日
4月
2019年

保育士になるためにはどうしたらいいの!?最短ルートで保育士になる方法とは?

保育士になるための2種類の方法

保育士になるためには、大きく分けて二つの方法があります。その方法とは、専門学校や短大など保育士養成施設を卒業するか保育士国家試験に合格することです。保育士養成施設を卒業すれば保育士資格を取得できるので、保育士国家試験に合格したことと同じになります。保育士国家試験によって保育士になるルートは、最短で9ヶ月です。専門学校や短大などの保育士養成施設を利用して保育士になる方法は、最低でも2年がかかってしまうので、なるべく早く保育士になりたいのであれば、保育士国家資格に合格する方法を選ぶのがいいでしょう。

保育士国家試験を受ける手順

保育士国家試験を受けて保育士なる手順としては、前期試験と後期試験によってスケジュールが異なります。前期試験の方を見てみると、まず試験の申し込みを1月下旬に行い、4月下旬頃に筆記試験を受けます。筆記試験の合否が6月下旬頃わかるので合格したら7月下旬頃実技試験を受けることになります。実技試験の合格発表は8月上旬頃です。実技試験も合格したら保育士登録を申請して保育士証を交付してもらいます。このように保育士になるには保育士国家資格を取得するだけではなく、保育士証を交付する必要があります。

保育士試験対策講座を利用するのがおすすめ

保育士国家資格を取得して保育士になる方法は、専門学校に通うよりも早く保育士になれますが、その分難易度も高いといえます。保育士試験を一回で合格したいのであれば、独学ではなく保育士試験対策講座などを受講するのが有効です。費用はかかってしまいますが、保育士試験対策講座を利用すれば効率的に勉強を進めることができるからです。

保育士の求人を大阪で探す時、多くの情報を得ることができるのが求人情報専門のサイトです。口コミなども確認できるサイトがあります。

You may also like...